好投する堀(新潟証券チームの助っ人として出場)

2006年 10月6日(金) 兵庫県加西市加西球場にてのじぎく国体(軟式野球)が行われました。
. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
岡山(岡山市役所) 1 1 0 0 0 2 0 0 0 0 1 4
新潟(新潟証券) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(岡山) 今田一奥田
(新潟) 小林、堀、高橋一塩原
二塁打 高森(岡)
のじぎく兵庫国体を終えて   長岡ドーム 堀 悟

私たち新潟証券チームは、開始式直後の1回戦第1試合で、岡山県代表の岡山市役所と対戦しました。開始式直後ということもあり、スタンドは地元加西市民も数多く詰めかけ、大観衆の中での試合となりました。
 初出場の私たちにとって、相手の岡山市役所チームは未知の強豪。戦前の情報は『新潟県最強といわれている○○チームが勝てないチームに勝った実績がある』というものでした。 
 試合は、序盤から岡山に得点を許す苦しい展開。1回は4番打者のタイムリーで1点。2回はセンターへの打球を後逸する間に一気に生還されて計2失点。岡山の今田投手は130キロ代の速球と、切れのある2種類のスライダーを駆使する好投手。岡山チームは確かに強い。でも歯が立たない程ではない。 
 我がチームは3回裏に反撃のチャンス到来。相手のエラーと4番加藤のヒットなどで1死1、3塁の場面を作り、打席には頼れるバッター山賀が立つ。ここでベンチは常套手段ともいえるエンドランで勝負。しかし失敗で3塁走者憤死。後続も倒れ無得点に終わってしまう。 
 私は5回と6回の2イニングスに登板。制球が定まらず苦心の投球となりました。6回は四球で出した2人の走者を、相手の4番高森の長打で還され、痛恨の追加点を与えてしまいました。*あとで知ったことですが、この試合3打点の相手の4番高森は岡山関西高校出身。4番打者で甲子園でも活躍した経歴を持つ選手ということ。なるほどいいバッターでした。
 劣勢に立った我がチームですが、最後まで勝利を信じて、チーム一丸で声を出し戦い抜きました。得点チャンスを逸した3回以外にも、相手内野手のエラーに乗じて再三チャンスを作りました。しかし、今田投手を打ち崩すことができず、結果1安打完封負け。長く熱い今シーズンの戦いが終わりました。
 『ハンカチ王子』早稲田実業の斉藤君フィーバーで沸いた今年ののじぎく兵庫国体。新潟証券チームの一員として接戦続きの予選を勝ち抜き、創部初の本国体出場を果たすことができて、私自身36歳にして、自己最高のシーズンを過ごせたと思います。そして、すばらしい仲間と一緒に戦えた事を何より嬉しく思います。

新潟証券チーム勝利!この瞬間新潟証券チームの国体出場が決まりました!

8回より登板し4回を
無失点に抑える!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
新潟(新潟証券) 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
富山(日医工滑川) 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
2006年8月27日、今年10月に行われる国体出場をかけて北信越大会が行われました。
その大会に、
長岡ドームスタッフの堀 悟が「新潟証券」チームの助っ人として出場しました。堀は8回裏から登板し、11回裏の試合終了までの4回を投げ、0点に抑える好投を見せました。試合は2対1で新潟証券が富山県の日医工滑川を下しました!スコアは以下の通り。

堀、5・6回登板